データ入力 未経験 派遣

働き方は常に変化していることを自覚すること

不動産販売の仕事を辞めて転職活動をしていた時の話です。どのような職種にすべきか迷いもあって、なかなか決まらずに焦りを感じていました。

 

そこでとりあえずそれまでの経験が生かせればと、テレアポを行う会社に応募しました。太陽光発電を販売する会社ですが、まだ立ち上げたばかりとあってスタッフの増員をしていました。当面はテレアポ専門に行う募集でしたが、いずれは様々な業務に取り組めるとあって期待もしていました。またテレアポならば不動産の営業で散々やっていたので、それなりに自信もありました。そこで勇んで面接に臨んだわけですが、そこで大きな失敗をすることになったのです。

 

まず最初に実際の業務の様子を見学させていただきました。そこで目にしたのは、マニュアルを目の前に広げて、ひたすら同じアプローチを繰り返しているスタッフの姿です。断られたらすぐに電話を切り、次の電話をかけるという作業をひたすら繰り返していました。それを見て、自分ならばすぐにアポイントが取れると思い、面接の時にはその意気込みをアピールしました。担当者は黙って聞いていましたが、最後にそれは当社のやり方には適さない旨を伝えられたわけです。よかれと思って言ったことですが、会社には会社のやり方があるのだと、その時実感しました。もちろん、不採用の通知が送られてきました。


ホーム RSS購読 サイトマップ