データ入力 未経験 派遣

20代の転職活動で失敗した事

 

 

20代の時に転職活動で失敗した事を記します。

 

・転職先が決まる前に退職した
とにかく日々の業務に疲れ果て、勢いで転職先が決まる前に退職してしまいました。IT技術系だった事もあり、すぐに決まるだろうと思っていましたがリーマンショック後で不景気だった事もあり、書類選考落ちを連発するなど苦労しました。貯金もあまり無く、お金が底をつくプレッシャーに追われながらの転職活動となりました。

 

・未経験の職種を目指した
それまでは、ネットワークエンジニアでしたが、プログラマーの職種に応募していました。独学で業務経験が無い状態だったので、大変苦戦しました。若くても未経験でのキャリアチェンジは、大変厳しいと痛感しました。

 

・エントリーする企業を絞らなかった
リクナビネクストをメインに、未経験でもプログラマーとして採用してくれそうな企業にエントリーしまくってしまいました。企業規模、展開しているサービスの内容、社風などしっかりと考慮し厳選した上でエントリーすべきでした。

 

・1社目の採用に飛びついた
10社以上落ち続け、ようやく採用して頂いた企業に即入社の意思表示を出してしまいました。貯金が底をつき始めていた事が大きいです。本来は、2社以上採用をもらい、給与など条件面を比較検討して入社を決めるべきだと思います。

 

以上まとめると、退職届を出す前に、転職先はじっくり決めましょう。という事になります。


ホーム RSS購読 サイトマップ